ガバナー協議会議長は、国際協会の目的を推進する為の複合地区をまとめる重要な任務があります。その為にも各地区のガバナーとのコミュニケーションを計り、ガバナー間の和と結束を深めることが重要であり、各地区の状況やニーズに合わせて助言や情報を提供する事や、その地区の声に耳を傾けよりよい方向へ導く事が大切であると考えます。 アガワル国際会長は、ライオンズにとって最も重要なのは「We」と「Serve」だと述べ、自らのテーマを「We Serve」と発表しました。「団結」、「行動」、「奉仕」の力を結集して新たに掲げた「LCIフォーワード」を推進し、2021年までに年間2億人に奉仕する目標を達成する為、協議会議長は地区ガバナーと新設された「GST」を加えた「GAT」と協力し合い、奉仕活動の拡大、メンバーの質の向上、会員増強を積極的に推進する事に尽力し、勇気と決断をもって日本のライオンズが力強く前進することを願っております。

ライオンズクラブ国際協会
330-337複合地区ガバナー協議会議長連絡会議
世話人 山田 正昭


議長連絡会議 大会関連 基本情報 外部LINK
8複合 各議長ご紹介 国際大会(外部リンク) 各組織・委員会 eMMR Servanna報告
国際役員ご紹介
国際大会報告(PDF) ライオンズIT情報(PDF) 国際本部(日本語)
OSEAL FORUM ウェブサイト倫理規定 太平洋アジア課
国際大会開催予定(外部リンク) ライオン誌日本語版

田中明
MD330議長
L田中 明(副世話人)
森谷潤
MD332議長
L森谷 潤
髙橋克文
MD333議長
L髙橋 克文
野村善弘
MD334議長
L野村 善弘
福田惠太
MD335議長
L福田 惠太
大谷博
MD336議長
L大谷 博
村中尊裕亀
MD337議長
L村中 尊裕亀(副世話人)